新観光列車「○○のはなし」運行スタート!

2017/08/06

8月5日(土)から新しい観光列車「○○のはなし」の運行が始まりました!

 

JR新下関駅から東萩駅までの山陰線を約3時間かけて走り、日本海の海岸美を楽しめるよう、窓枠を極力大型化し、海側を向いた座席配置になっています。

ちょっと変わった列車名ですが、「○○」はそのまま読んで「まるまる」、萩・長門・下関の頭文字「は・な・し」を掛け、歴史や食や文化などさまざまな「はなし」を楽しんで欲しい、との思いが込められています。

 

沿線の特産品の販売カウンターやお弁当などもあるとのこと。

JR東萩駅は萩焼会館から徒歩10分、タクシーなら2~3分です。
日頃は便の少ない山陰線ですが、こんな列車なら乗ってみたいですね!

■「○○のはなし」運行情報

【運転日】 土・日曜日、祝日
【運転区間と時刻】
上り:新下関9:58~下関10:21~長門市12:22~萩12:52~東萩12:57
下り:東萩14:13~萩14:20~仙崎15:27~長門15:33~下関17:39~新下関17:50

●詳しくはJR西日本のページ